Ordinary Life

平凡な人間の平凡な日々を綴るブログ

X-Pro2

page.42 「サクラ、ムズカシイ」

家族全員でお花見へ

page.40 「カモフラージュ」

さて、どうしたものか。

page.39 「アウトプットの形」

写真を自宅に飾りたい。

page.38 「妄想Part.2」

やってみたいことがありまして…

page.36 「再燃」

最近、XF23mmF1.4の評価が周りで上がってきているような気がする〜

page.34 「妄想」

1964年から56年ぶりとなる2020年東京五輪へ向け、富士フイルムが新製品の開発を発表した。 現時点での詳細は以下のとおりとなっている。

page.33 「#きまぐれ黒豆らんぽ DAY3」

濃厚な2日間の余韻に浸る間もなく、気がつけばあっという間に最終日を迎えることとなりました

page.32 「#きまぐれ黒豆らんぽ DAY2」

きまぐれ黒豆らんぽ2日目について

page.31 「#きまぐれ黒豆らんぽ DAY1」

我が家のアイドルことムスカさん このムスカの大ファンであるクロギさんの一声から全ては始まった…

page.30 「ぱんぱん」

この時期の子供は超絶可愛い。

page.27 「#FUJIFILM生誕祭」

Twitterで富士フイルムの設立記念日ということを知り、「#FUJIFILM生誕祭」のフォトウォークが開催されていました。

page.24 「2019年の物欲」

新年早々から物欲が止まらない。

page.23 「さよなら広島」

ロムスカ・パロ・ウル・さんぽの翌日のお話です。

page.22 「ロムスカ・パロ・ウル・さんぽ」

育休中にTwitterを通じて繋がった方々とフォトウォークをするため、平成最後の年末に広島へ行ってきました。 今回も写真多いので、文章は少なめにいきまっす。

page.21 「2018」

今年撮影した写真達。 アップした写真が120枚近くあるので、文章は省きたいと思います。 (下手だから質より量でアップしなたんて恥ずかしくて言えないの…) それでは、張り切ってご覧くださいませ!!

page.18 「機材予想図Ⅱ」

ボディ2台体制となったことにより、これからのレンズについて考えてみたいと思います。 ※未来予想図ⅡをBGMに流しながらお楽しみください。

page.17 「機材予想図」

最近気になっているX-H1というカメラ。 メーカーのキャッシュバックも相まって、追加導入するべきか非常に悩んでいます。 自分にとって本当にX-H1が必要なのか、今後の機材予想図を冷静に検討してみました。

page.16 「理想」

PayPayフェスで都会のカメクラ界隈がフィーバーしている中、物欲に支配されないように自分が撮りたいものを冷静に分析してみた。

page.15 「育休最後の日」

育休最後の日、特に何も予定はありませんでしたが、何もしないのももったいないためぷらっと撮影してきました。

page.14 「初めての紅葉狩り」

息子と初めての紅葉狩りに行ってきました。

page.13 「犬撮りについて」

我が家の長男坊のムスカさん。 もっと印象的に撮りたいと思うので、犬撮りについて考えてみました。

page.12 「育児休業」

男性が育児休業(以下、育休)を取得することについて、実際に育休取得したことによる体験談を書いてみました。 ※あくまでも個人的な感想です。 文章を書くのが苦手であるため、不快に感じる表現もあったりするかもしれません。 また、拝見いただきました方…

page.10 「道半ば」

ちょっと前に、一人ぶらりとお写んぽした時の写真を。

page.8「Bleach Bypass」

今回は私が使っている設定の1つをご紹介します。

page.7

我が家のアイドルであるペキニーズのムスカさん。 最近はムスカの写真をアップすると、喜んでいただける方々がいらっしゃいます。 本当にありがたい限りです。 そんなムスカについて、ちょこっとご紹介したいと思います。

page.5

所有レンズについてこれまで書いてきましたが、まだご紹介していないボディについて書きたいと思います。

page.4

今回は使用しているX-Pro2についてお話ししたいと思います。 と思いましたが、その前に簡単にカメラ遍歴をご紹介します。

page.3

前回、前々回に続き、私の所有レンズ紹介をば。 3本目となるレンズはXF56mmF1.2になります。

page.2

手持ち機材Part.2となります。 今回はXF35mmF1.4について。

page.1

私のブログが始まったばかりであるため、どの機材を使って撮影しているのかのんびり紹介していきたいと思います。 まずはXF23mmF1.4について。 (思い入れのある画角であるため、少しだけ文章が長くなるかも…スミマセン…)