Ordinary Life

平凡な人間の平凡な日々を綴るブログ

page.36 「再燃」

f:id:mame_mofu:20190226220718j:plain

最近、XF23mmF1.4の評価が周りで上がってきているような気がする〜

 

換算35mmに思い入れのある私は、マウント移行の際にこのレンズを手に入れました。

詳細はこちらの過去記事にて確認おなしゃす。

 

ちなみに導入当初と変わらず、XF35mmF1.4と双璧をなすようにメインレンズのポジションへと居座っています。

まだ息子が小さい&インフルの時期でなかなかおでかけできないのもあり、屋内だと23mmと35mmが必然的にメインになってしまうんですけどね(笑)

 

 

 

ちなみに、絞り開放がふんわり傾向なXF35mmF1.4と比べた感じでは、

【ボケ感】

XF23mmF1.4 < XF35mmF1.4

【解像感】

XF23mmF1.4 > XF35mmF1.4

といった感じです。

 

焦点距離が違うんだから、そりゃボケ感なんか違うだろっていう分かり切ったツッコミはご遠慮くださいませ(笑)

しかも体感だけで話しているので、話半分くらいで聞いておいてくださいね。

 

XF23mmF1.4の絞り開放を伝えるとすれば、現代の絞り開放から解像するレンズに、薄いオブラートを被せた感じとでもいうところでしょうか。

………分かりにくいなぁ(汗)

けど、絞ればパッキパキに解像してくれたりと違いを堪能できるので、本当に使っていて楽しいレンズです。

 

もしこのレンズに興味がございましたら、レンタルすることができる地域の方はお試ししてみる価値はあると思います。

 

 

ちなみに、めっちゃ上手い作例がコチラのブログにアップされています。

 

こちらの記事においても、非常に魅力的な作例が載っています。

 

あっ、別売りのメタルフード沼にハマった記事もございました。

記事の中にもあるように、XF56mmに装着することも可能ですのでオススメです。

私も手持ちXF56mmに装着したりしています。

 

 

というわけで、XF23mmF1.4を普及しようと企む記事でした。

欲しくなった方、当ブログでは一切責任を負いませんので、自己責任でお悩みくださいませw