Ordinary Life

平凡な人間の平凡な日々を綴るブログ

page.13 「犬撮りについて」

f:id:mame_mofu:20181125154751j:plain

我が家の長男坊のムスカさん。

もっと印象的に撮りたいと思うので、犬撮りについて考えてみました。

 

ドッグランへ行きたいが…

f:id:mame_mofu:20181125154625j:plain

次男坊の子供が生まれてからは、めっきりドッグランへ行くことが少なくなっちゃいました。

その理由として、「赤ちゃん連れの方はお断りしています」といったところが結構あるからです。

赤ちゃんの泣き声により、他のワンちゃん達がパニックになったりすることが主な理由となっています。

そりゃお店の方々からしたら、それでワンちゃん達がパニックになって大変になったら責任取れませんもんね。仕方がない。

過去記事にてご説明致しましたが、ペキニーズは必要な運動量が非常に少なく、室内飼いでほぼ構わない犬種です

しかし、ずっと似た環境だと多少なりともストレスが溜まります。

我が家のご近所を散歩することもありますが、意外と交通量が多くて危なかったりするんですよね。

そこで妻と相談し、今後はたまに私とムスカだけでドッグランへ行こうという結論に至りました。

 

 

撮影機材問題

f:id:mame_mofu:20181125154821j:plain

そこで問題となってくるのが、「ムスカを可愛く撮るための撮影機材」についてです。

当ブログを見ていただいている方々ならご存知かもしれませんが、私の手持ちレンズは単焦点オンリーです。

しかも、換算35mm、53mm、85mmという準広角から中望遠しかありません。

 

一般的に、ワンちゃんをドッグランなどで撮影するのに適した画角は中望遠〜望遠あたりと言われています。

以前はオリンパスでE-M1無印と40−150mmF2.8というレンズを使っていましたが、これがまぁ〜写りが良いのなんの。

マイクロフォーサーズがボケにくいといっても、流石に換算300mmだとかなりボケます。

(この写真が40−150mmF2.8で撮影した作例です)↓

f:id:mame_mofu:20181125160807j:plain

 

ぶっちゃけ、このレンズだけは本当に手放したくありませんでした。

犬撮りだけじゃなく、子供が運動会に出るようになった頃にも活躍できるの間違いありませんでしたからね。

けど、マウント移行に伴い致し方なく手放しちゃいました。

自分の稼ぎが良ければ、なんとかWマウントで維持したんですけどね…涙

 

 

屋外ムスカ撮り用レンズを考える

f:id:mame_mofu:20181125154506j:plain

Xマウントレンズ群からどれが適したレンズなのか検討してみます。

候補となるのは以下のレンズ達。

 

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

換算84−305mmまでカバー、一般的な望遠ズームに比べW端T端が少し明るい。

おまけに安くて写りも良いときたもんだ。

ドラクエならば、序盤で手に入り役に立つはがねのブーメランあたりになるのかな。

AF速度がちょっとだけ遅いようなので、そこが少しマイナスポイントかも。

あと、望遠レンズの中で今回のキャッシュバックに唯一非該当なのが残念無念。

 

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

憧れのレッドバッジ大三元レンズ。

換算76−213mm、防塵防滴、F2.8通しの明るさ、爆速AF、圧倒的な切れ味を誇る描写。

ドラクエの武器で例えると、グリンガムのムチといったところでしょうか。

ただし、大きく重く、圧倒的な存在感で周りから引かれる可能性もある(笑)

犬撮りを考えれば、もう少し望遠端が欲しいところ。

しかし、キャッシュバックを考えたら実質12万イェンなのが心揺さぶられます…

 

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

憧れのレッドバッジシリーズ。

換算152−609mmという超望遠域までカバー。さらに防塵防滴、高速AFらしい。

ドラクエならば、超グリンガムのムチといったところになるのか…わからない…

とんでもなく広いドッグランで撮ることはないので、流石にここまでの望遠域は必要ないかな。

子供の運動会でも使えるかもしれませんが、周りの父兄方からドン引き必至は間違いないため、今回はターゲットから外しちゃいましょう。

 

XF90mmF2 R LM WR

換算137mm、防塵防滴、爆速AF、F2という明るさ。

切れ味抜群の描写で、ボケ、玉ボケ共に超絶キレイときたもんだ。

FFで例えるならば、単焦点ラグナロクといったところかな?

今ならキャッシュバックで実質8万イェン以下で手に入りそうなのが魅力的。

ただ、これだけだと犬撮りとしては望遠端が短いと感じるのは否めない。

 

XF200mmF2 R LM OIS WR

換算213mm、F2、防塵防滴、爆速AF、キレッキレの描写(予測)

圧倒的な存在感、富士唯一の白レンズで、お値段はなんと70万イェンを軽く超えてきます。

これを持っていれば、神と崇められるの間違いなしの1本。

FFで例えるならば、アルテマウェポンに相当?

値段も使用用途も私とは無縁のレンズなので、候補からはサクッと外れちゃいました。

 

 

自分にマッチしそうなレンズは

f:id:mame_mofu:20181125154655j:plain

候補から外れた2本を除くと、

・XF55-200mm

・XF50-140mm

・XF90mm

が候補となってきます。

 

現時点での第一候補はXF55-200mmとXF90mmの2本の組み合わせです。

(1本だけじゃないんかーい)

爆速AF&圧倒的描写用でXF90mm、圧縮効果を狙いたい時はXF55-200mmを使うといったのがいいのかなぁ…なんて思っています。

それ以外でも、いろいろと使い分けて持ち出せるので実用的なんじゃないかなと思ったり。

この組み合わせの場合、本日時点でそれぞれの最安がXF90mmなら94,000円程度、XF55-200mmが65,000円程度、そこに15,000円のキャッシュバックが入ると、実質145,000円程度でしょうか。

 

第二候補はXF50-140mmの1本のみ。

本日時点の最安が142,000円程度、キャッシュバック20,000円が入ると、実質122,000円で手に入ります。

うん、こりゃ悩むパターンですわ(笑)

ただテレ端が短くなるので、1.4倍テレコンはめたら差は小さくはなるかな。

けど、1.4倍テレコンは約48,000円程度するので、それを含めたら第一候補の組み合わせのほうが安上がりだったりする。う〜ん…悩む〜…

 

 

結局どうするのよ

f:id:mame_mofu:20181125154534j:plain

キャッシュバックが3月まであるので、とりあえずのんびり検討したいと思います。

って呑気なこと言ってたら、どんどん値上がりしてキャッシュバック前に購入していたのと変わらないなんてオチになりそうです。

のんびり検討しながらも、踏ん切りがついたら大胆にポチっちゃいたいと思います。

結果、買わないというオチも無きにしも非ずなので、過度な期待はしないでくださいね♪