Ordinary Life

平凡な人間の平凡な日々を綴るブログ

page.1

f:id:mame_mofu:20181002193724j:plain

私のブログが始まったばかりであるため、どの機材を使って撮影しているのかのんびり紹介していきたいと思います。

まずはXF23mmF1.4について。

(思い入れのある画角であるため、少しだけ文章が長くなるかも…スミマセン…)

 

35mmを選んだ理由

まず、私にとって35mmはレンズの指標となる絶対的な存在です。

 

m4/3を使用していた頃は50mmが標準域であり、かつメインレンズでした。

しかし、APS-Cを使用している今では35mmが標準レンズとして君臨しています。

それは、アスペクト比「4:3」と「3:2」の違いから私自身の標準域が変わったのだと、なんとなく自己分析しています。

 

また、私は妻とカフェに行くことが趣味であり、屋内で妻を撮影するには程よい距離感を保てるのが35mmと感じています。

私の撮影の主戦場は屋内であり、自分のフィーリングにマッチしているためXF23mmを購入いたしました。

なお、店内の全景を入れるには狭いため、その時はGRⅡを使用するといったように使い分けしています。

f:id:mame_mofu:20181003125743j:plain

F1.4とF2について

今から35mmのレンズを購入する場合、富士フイルムにはF1.4とF2の2種類があるため悩まれる方が多いのではないでしょうか。

実際、私もXマウントに移行する際は非常に悩みました。

この2本で悩まれている方はリサーチ済みかもしれませんが、ネット等に挙げられている感想等を簡単にまとめると以下のような感じです。

 

XF23mmF1.4のメリット

・光学補正で歪曲収差を極限まで低減している。

・F2と比較して1段明るいためSSを稼げる。

 また、F2と比べて被写界深度を浅くすることが可能であるため表現の幅がある。

XF23mmF1.4のデメリット

・AF速度が遅く、撮影にワンテンポ遅れが生じる。

・AF時の音が大きい。

・最大撮影倍率及び最短撮影距離がイマイチ。(0.1倍、28cm)

・開放付近の描写がやや甘いと感じることがある。

・価格がF2と比べて約2倍と高額である。

・大きさ及び重量がF2と比べて大きく重い

 

XF23mmF2のメリット

・AF速度が早く、軽快に撮影することができる。

・AF動作音が非常に静か。

・F1.4と比べて最大撮影倍率及び最短撮影距離が良い。(0.13倍、22cm)

・F1.4と比べて安価である。

・小型、軽量のため持ち運びの負担が少ない。

・防塵防滴処理が施されている。

XF23mmF2のデメリット

・最短撮影距離で絞り開放周囲では描写が甘くなる。

・F1.4と比べて1段暗くなる。

 

 なぜF1.4を選んだのか

それでは、なぜ私がF1.4を選んだのかお話ししたいと思います。

 先ほどのF1.4とF2のメリット・デメリットを見ていると、コスパの面から考えたらF2のほうが断然有利に思ってしまいますよね。

レンズの価格差でもう1本レンズ買えてしまうとか、かなり心揺さぶられてしまいますもん。

けど、それでも私はF1.4をチョイスすることにいたしました。

 

大きな理由としては、

・35mmは自分にとっての指標であるため写りに妥協はしたくない。

・F2を最初に購入しても、F1.4の魅力を心のどこかに引きずり続けてしまう自信がある。

・屋内撮影が多いため、少しでも明るさを求めたくなる。

といったところでしょうか。

 

富士フイルムのカメラから写し出される、あのなんとも言えない心惹かれる色…

マウント移行をしてまで手に入れたかった、だからこそ少しでも写りに妥協はしたくなかったのです。

 

もちろん、Xマウントへ完全移行せず、35mmレンズを搭載したX100Fというカメラを追加するという選択肢もありました。

 

ただ、何度も言っているように35mmは私にとって絶対的な指標なんです。

X100Fで骨抜きにされてしまったら、m4/3を使わなくなってしまう自信がありました。

そして、早かれ遅かれ「この色を他の画角でも味わいたい!」という欲求に負けてしまうのが目に見えていたのです。

 

また、マウント移行の時点ではX-Pro2、X-T2、X-T20、X100Fと全て同じセンサーが搭載されたものがラインナップされていました。

X100Fでハマってしまったら、同じセンサーを搭載したボディを選ぶことになります。

どうせなら世代毎のセンサーの違いを楽しみたいと思ったため、あえてX100Fを選ぶことはいたしませんでした。

 

しかしこのブログを始めた現在、我が家では8月に待望の子どもが生まれ、今までの生活スタイルなどが変化している真っ最中です。

これから家族でお出かけする時は、子どもの荷物が増え、他の荷物も減らさなければならない場面も出てくるでしょう。 

その時はX100シリーズのコンパクトさが非常に魅力的になってきます。

XF23mmF1.4とX100シリーズではレンズ描写の方向性が違うため、焦点距離が被ろうとも購入するつもりです。

 

少々X100Fで話がそれてしまいましたが、改めて上記のような理由により私はXF23mmF1.4を導入するに至りました。

 

同じような悩み方をされる人は少ないかもしれませんが、少しでもこの記事がみなさんのご参考になれば幸いです。

f:id:mame_mofu:20181002193434j:plain